一般廃棄物/産業廃棄物 | 廃棄物・ごみ・ゴミの事なら何でもご相談ください

環境問題に着目したはるやま『ECO i-Shirt(エコ アイシャツ)』が「2019年度グッドデザイン賞」を受賞ニュース

2019年10月4日 −

はるやま商事株式会社が開発した、シャツ包装用プラスチック資材を廃止した新パッケージに加え、再生ポリエステル 100%生地を採用の『ECO i-Shirt(エコ アイシャツ)』が、2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

【ECO i-Shirt(エコ アイシャツ)とは?】 『ECO i-Shirt(エコ アイシャツ)』は再生ポリエステル100%生地を採用し、シャツ包装用プラスチック資材を廃止したパッケージを施した新たなワイシャツです。この度2019年度グッドデザイン賞では以下の点で評価をいただき受賞に至りました。

【2019年度グッドデザイン賞受賞『ECO i-Shirt(エコ アイシャツ)』概要】 ①Reduce(リデュース)削減 シャツ1枚当たり約24~25gのプラスチック削減 一般的なワイシャツは輸送などでの型崩れやシワを防止するため、衿元や袖口をピンやクリップなど、はるやま商事株式会社の商品では1枚あたり約24~25gのプラスチックの包装資材を使用していました。

しかし『ECO i-Shirt』は、プラスチックの包装資材をすべて削減し、紙パッケージにシャツをたたんで包装します。「i-Shirt」の完全ノーアイロン機能はシワになりにくいため、包装を変えても不便が少ないまま、プラスチック削減を実現しました。



②Recycle(リサイクル)再資源化 「i-Shirt」はポリエステル100%素材を使用しています。『ECO i-Shirt』は、原材料がペットボトルの再生ポリエステル100%素材の生地を採用します。500mlのペットボトル約8本が1枚の『ECO i-Shirt』になります。原材料を変更しても当社従来品と同様の品質を維持しているため、着心地や機能はそのままに、プラスチック削減に協力できます。

■グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」に出展 本年10月31日(木)から5日間にわたり、東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において、の『ECO i-Shirt』が特別展示で紹介されます。

参照元URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000142.000030981.html

GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 – 2019年度グッドデザイン賞受賞展 – 会期:10月31日(木)〜11月4日(月・祝) 会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木) http://www.g-mark.org/gde2019/